インド

Regional Managing Director(インド) ロヒット・ヴィグ

ロヒットは創業以来インドのManaging Directorを務め、取締役の一人でもあります。彼はサーベンス・オクスリー法の実施を担当する内部統制監査役として、イーストマン・コダックの米国本社で働き始めました。その後、2006年にインドに移り、経営と創業のパートナーの一人としてTerra Firma Indiaを始めました。

ロヒットはホテル運営の経験が豊富で、スターウッド、ヒルトン、アコー、タージ、ITC、チョイスホテルズなどの多数のホテルグループで、オペレーター検索、実現可能性調査、債務計画と再構築などのサービスを提供していました。

ニューヨークのアナーバー&ロチェスター工科大学ミシガン大学出身で、財務と経営学の学士号を取得しました。 2007年に彼は初めて国際的にブランド化され運営されているインドのホテルを建設しました。同時にデリー/ NCRの高級住宅の開発を専門とする不動産開発会社も立ち上げました。

ロヒットは、専門的なライフスタイルマネジメント会社、人材紹介会社、電子商取引ポータルにも既得権益があります。彼は、ビジネス開発、不動産、金融、サービス業界、プライベート・エクイティなど幅広い専門知識を有します。

ロヒットは、インド事業の推進に重要な役割を果たし、彼により当グループは急速な成長を遂げました。彼は、開発契約と管理契約の分野においても専門知識を発揮しています。当グループに入社して以来、ロヒットはインドの事務所を設立し、ホテルのオーナー、投資家と 開発者と緊密に連携しており、各ホテルの支配人の監督にも携わっています。